WEB動画広告 プログラマティック広告 True View広告


《YouTube True View 広告のスキップ対策》

〜Youtube広告を活用する〜

ネット上の新しい広告ツールとして注目を集めているTrueViewですが、いつもスキップしてしまうという方も少なくありません。こちらでは、スキップ対策として知っていると役立つ基礎知識をご紹介します。


» TrueView広告の仕組み

TrueViewとは、YouTubeで動画コンテンツを閲覧する際に流れる広告のことです。動画コンテンツ前に絶対表示されるインストリーム、検索結果画面に表示されるインサーチ、関連動画として表示されるインディスプレイの3種類があります。インストリームはスタートから5秒は強制的に表示されるものの、5秒経過後はスキップして見ないという選択肢を選ぶこともできます。


» どうしたら見てもらえるか

TrueViewは見るか見ないかという判断が閲覧者に委ねられているため、広告費を効率化するというメリットがあります。しかし、逆に広告を見てもらえないというリスクもあります。どうすれば見てもらえるのかを考えるのも一苦労です。例えば、コンテンツとの関連性を高める方法や、インサーチ・インディスプレイと連動して表示するという方法があります。


» 5秒ですべてを伝える

TrueViewの中でもインストリームを見てもらう方法として、初めの5秒間を生かすという方法があります。つまり、表示されている5秒間にコンセプトや最も言いたいこと、魅力的なキャッチコピー、商品の価格をインパクトのある形で持ってくるという方法です。これにより広告制作にかかる料金を最大限有効に活用することができます。

WEB動画.jpではTrueViewの他にもDSP・SSPなどの運用型広告・Facebook広告といったWEB広告運用サポートも行っています。WEB広告戦略・集客のご活用をご検討中なら、ぜひお声がけください。

動画 問い合わせ動画 問い合わせ
page top

  ■ WEB動画プロモーション・PR・CM
  ■ WEB動画会社紹介・商品紹介・インタビュー
  ■ WEB動画マニュアル作成
  ■ 海外向け・インバウンドWEB動画制作
  ■ WEBセミナー導入
  ■ 動画コンサルティング

  ■ 動画広告
  ■ DSP/SSP運用代行
  ■ 会員向け動画課金配信
  ■ 動画配信チャンネル導入
  ■YOUTUBE運用
  ■USTREAM配信代行