WEB動画広告 プログラマティック広告 True View広告


《YouTube True View 広告について》

〜Youtube広告を活用する〜

True View広告とは、Googleのインターネット広告として、GoogleAdWordsで運用する動画広告です。
TrueView広告は表示されただけでは料金が発生せず、ユーザーが広告を視聴するよう選択して初めて料金が発生します。この点が、広告が表示された時点で料金が発生する他の多くの動画広告とは異なりコストパフオーマンスに優れていると言われています。

TrueView 動画広告は、ユーザーが YouTube や Google ディスプレイ ネットワークで気に入った動画を視聴したり、動画を検索したり、関連するウェブ コンテンツやおすすめ動画を閲覧したりしているときに表示され、ユーザーの関心が高い広告は多く、関心が低い広告は少なく表示されます。
ユーザーは自分の関心のある広告を選択でき、広告主様はメッセージに関心のあるユーザーにリーチできるため、双方にとってメリットがあります。
動画の視聴回数が増加するにつれ、本当に関心の高いユーザーにリーチが広がります。さらに、YouTube での再生回数の増加も期待できます。
*Google(TrueView広告に関する記述より)

TrueView インストリーム広告

 

TrueView インストリーム広告は、YouTube で配信される動画のほか、Google ディスプレイ ネットワーク上のサイトやアプリに掲載されます。また、YouTube 以外のサイトやアプリに埋め込まれた YouTube 動画にも配信されます。Android と iOS の YouTube アプリ、m.youtube.com(iPad や Android で視聴した場合)、インターネット テレビにも掲載されます。
 
この動画広告は再生開始から 5 秒が経過すると、ユーザーが視聴をスキップできるようになります。ユーザーが、動画広告をスキップせずに 30 秒以上か最後まで(いずれか早い方まで)視聴するか、その動画広告を操作すると、そのいずれかが最初に発生した時点でその YouTube 動画の視聴回数が 1 回追加されます。
 
動画広告の操作には、クリックしてウェブサイトにアクセスすることや、Call-to-Action(CTA)オーバーレイ、カード、コンパニオン バナーをクリックすることなどが含まれます。YouTube 動画の視聴回数を重視される場合は、動画の長さを 12 秒以上にすることをおすすめします。
YouTube アナリティクスでは、10 秒未満の視聴をトラッキングしません。
 
 
 

TrueView ディスカバリー広告

TrueView ディスカバリー広告は YouTube と Google ディスプレイ ネットワークに掲載されます。
YouTube の場合は PC サイトとモバイルサイト(m.youtube.com)の検索ページと動画再生ページに加え、PC サイトのトップページと YouTube モバイルアプリにも掲載されます。
 
 
広告ユニットにはサムネイル画像と最大 3 行の広告文が表示されます。
広告をクリックしたユーザーには YouTube の動画再生ページやチャンネル ページが表示され、広告ユニット内ではなく YouTube のサイト上で動画を見ることができます。
広告をクリックしたユーザーを広告主様のサイトに誘導するには、動画に CTA オーバーレイを使うことをおすすめします。
TrueView ディスカバリー広告は、掲載される場所に応じて次のようにさまざまな方法で表示できます。

動画 問い合わせ動画 問い合わせ

 

WEB動画の制作前に整理したいポイント

WEB動画を活用するためのランディングページや、YoutubeなどのWEB広告、さらには動画課金まで、“WEB動画を上手に活用するコツ”をお伝えします。 

WEB動画 活用のポイント 制作
page top

  ■ WEB動画プロモーション・PR・CM
  ■ WEB動画会社紹介・商品紹介・インタビュー
  ■ WEB動画マニュアル作成
  ■ 海外向け・インバウンドWEB動画制作
  ■ WEBセミナー導入
  ■ 動画コンサルティング

  ■ 動画広告
  ■ DSP/SSP運用代行
  ■ 会員向け動画課金配信
  ■ 動画配信チャンネル導入
  ■YOUTUBE運用
  ■USTREAM配信代行