WEB動画 ロゴ インフォグラフィック
《効果的なWEB動画に向けて》

〜WEB動画制作+動画広告でより効果的なプロモーションへ〜

効果的な映像にするためのポイント

現在ではテレビよりもインターネットを使って映像を視聴する人が増えています。テレビCMを流すよりも費用がかからないため、多くの企業が映像制作を行っており、映像の質も向上しています。質の高い映像は話題になり、より多くの方に見てもらうことができます。より良い映像にするために、映像制作会社に依頼する際に何に気をつければよいでしょうか。効果的な映像のポイントは次のようになっています。


目的を明確に見極める

まず映像をつくる目的を明確にすることが大切です。映像をつくることによってどのような効果を期待しているのか、誰に何をアピールしたいのか明確にする必要があります。
予算との兼ね合いから一つの動画に多くの役割を考えることは必要ですが、まずはひとつの明確目的を決めることがとても重要です。
新規顧客の獲得、リピーターの獲得、企業を広く知ってもらいたい、新商品のアピールなど、目的によって映像の作り方は異なります。
また目的は動画活用によりマーケティングの活性化が目的なのであって、映像制作すること自体を目的化としないことがとても重要です。
そういう意味では、制作コストも安いだけでなく、何を目的とした提案になっているかを見極めることも重要です。


イメージを的確に配置する

目的が決まると、映像のイメージも明確になってきます。さらに明確にするには、ターゲットの絞り込みを行うことが重要です。映像を見て欲しいターゲットの年齡層・性別・職業を考えます。30代の女性がターゲットでも、キャリアウーマンと主婦では映像の作り込みが違います。子どもなら分かりやすい言葉にする、お年寄りなら大きな字幕をつけるといった工夫が必要になります。
WEB動画の制作は、よりマーケティングの考え方を同時に考慮することで、通常の映像制作の常識とは異なる手法でも大きく成果をあげることが可能です。
近年動画制作の一般化により、プロフェッショナルな映像制作会社が制作した動画でなくとも効果的な宣伝効果をあげているケースは、イメージが的確に動画・映像化されていることが多くあげられます。
 

東京でサービス展開するWEB動画.jpでは、ヒアリングをもとに戦略プランを提案、お客様の目指す映像をご提供致します。映像・動画制作だけでなく、動画配信方法や、動画広告活用方法までアドバイス致します。パッケージ価格のサービスはもちろん、フルオーダーも承っております。お見積もりや疑問はお気軽にお問い合わせください。

動画 問い合わせ動画 問い合わせ
page top

  ■ WEB動画プロモーション・PR・CM
  ■ WEB動画会社紹介・商品紹介・インタビュー
  ■ WEB動画マニュアル作成
  ■ 海外向け・インバウンドWEB動画制作
  ■ WEBセミナー導入
  ■ 動画コンサルティング

  ■ 動画広告
  ■ DSP/SSP運用代行
  ■ 会員向け動画課金配信
  ■ 動画配信チャンネル導入
  ■YOUTUBE運用
  ■USTREAM配信代行