WEB動画広告 プログラマティック広告 True View広告


WEB動画 ロゴ インフォグラフィック
《運用型広告 信頼される広告づくり》

〜WEB広告・WEB動画を活用する〜

WEB動画制作は、価格などの商品紹介や企業プロモーションなど、お客様にとっては有効な広告ツールとなり得るものです。集客力のある広告づくりには顧客から信頼感を得ることも欠かせません。では、信頼を得るにはどうすれば良いのでしょうか?
 


» 明確な数字を出す

広告に限らず人が信用・信頼するときには、明確な証拠が必要となります。証拠を数値化するというのは、信頼を得るためにとても有効な方法です。例えば、東京渋谷にあるスクランブル交差点は、一日に約50万人の人が通過すると言われています。これは俄かには信じ難い数字でもありますが、東京都の人口数や日本人旅行者数、外国人旅行者数を考えると決して納得できない数字ではありません。WEB動画制作においても統計的な数字を使うことは有効的と言えます。
 


» 多くの人が使う広告手法

広告といえば、これまではテレビや新聞が主流でしたが、これからはインターネットの広告が主流になる見通しもあります。アメリカでは、2013年のインターネット広告費がテレビ広告費を超えたという発表がありました。より多くの人に使われるプラットフォームに成長している証拠です。
日本でも徐々に増加しているインターネット広告。広告の方法によってはそのままコンバージョンに繋がるため、より効果的な広告になります。


» 信頼度のあるスポークスマン・インフルエンサーの起用

人は自分が信用・信頼している人の言葉を信頼するものです。進学先を決める際、両親や尊敬する先輩の意見を参考にする人は大勢います。これはWEB動画制作をはじめとする広告制作においても同様です。例えば、スポーツ用品メーカーがCMでプロスポーツ選手を採用したり、新規商品を共同開発するタイアップをしたりすることはよくあることです。
WEB広告では口コミで広がるバズマーケティングにおいて、多くのユーザーを抱えるカリスマブロガーや近年ではユーチューバーなどWEB動画専門のタレントも出現しています。
WEB動画ではターゲット層に効果のあるインフルエンサーやキャストの選定が重要です。
自社のオウンドメディアとして、自社社員や店舗スタッフなどを育てるケースも出始めています。


» サービスとの相乗効果

信頼に値する数字を提示されたときに、初対面の人に言われるのと、長い時間をかけて信頼関係を築いてきた親友に言われるのとではその信頼度は全く違うものです。つまり、信頼に値する広告を制作するためには、日常的なサービスの顧客満足度を高め、さらに動画広告を効果的に活用し、自社サービス・商品の価値を最大化することで「この企業ならば信用できる」というファンを増やし、広告の信頼度もより向上するという良い循環を築くことができます。

東京でWEB専門動画サービスを展開するWEB動画.JPでは、多くのファンやユーザーを持つブロガー、ユーチューバーなどのキャスティングも可能です。

動画 問い合わせ動画 問い合わせ
page top

  ■ WEB動画プロモーション・PR・CM
  ■ WEB動画会社紹介・商品紹介・インタビュー
  ■ WEB動画マニュアル作成
  ■ 海外向け・インバウンドWEB動画制作
  ■ WEBセミナー導入
  ■ 動画コンサルティング

  ■ 動画広告
  ■ DSP/SSP運用代行
  ■ 会員向け動画課金配信
  ■ 動画配信チャンネル導入
  ■YOUTUBE運用
  ■USTREAM配信代行