WEB動画 ロゴ インフォグラフィック
《世界で活用されるWEB広告動画》

〜WEB動画制作+動画広告でより効果的なプロモーションへ〜

近年では企業戦略の一環として、多くの企業が動画制作を行い、商品やサービスのPRを行っております。しかし、海外と比べると日本の広告動画市場は深く浸透していないといえます。ここでは、動画広告が世界でどのように活用されているのかをご紹介致します。


アメリカとイギリスの動画広告の活用

どちらも経済発展が目覚ましい国で、日本以上に、インターネットを使った動画広告の活用が浸透しております。インターネット人口やSNSのユーザー数が多いことに起因するといえます。
インターネットを利用する層が多ければ必然的に広告動画の視聴率も上がりますし、その効果は絶大なものとなります。日本もSNSの利用者が少ないわけではありませんが、アメリカなどの国と比較してみると、その数値はまだまだ小さいといえます。


欧米ではどのように活用されているのか

日本では「広告」として活用されているものですが、欧米では少し異なります。欧米では広告動画というよりも「ブランディング」という見方が強く、ブランド力の形成に役立てられています。
つまり広告動画は商品やサービスの魅力を発信できるだけではなく、企業のブランド力も同時に形成できるということです。企業にとってブランド力は非常に強力な武器になります。今後の日本では、ブランド力の強化を名目に、広告動画を活用する企業が増えるといえます。


中国ではどのように活用されているのか

中国はYoutubeの視聴が制限されたり、中国国内以外のサーバーに検閲が入ります。
中国での動画の広告活用にはノウハウが必要なため、ノウハウと経験を持つビジネスパートナーが必要といえます。
また、制作においても本土と上海の翻訳・ナレーションのノウハウ・経験が必要な場合が多くあります。


世界で共通する活用法とは

インターネットの広告動画は、当然ながらインターネット利用者に視聴してもらうための動画です。最近ではインターネットが娯楽として見られる傾向が強く、多くの世代でテレビ離れが起こっています。
テレビ離れしている方々に認知してもらうためには、やはりインターネット上で広告動画を視聴してもらうのが合理的です。日本を含む世界中の大手企業がテレビCMと広告動画を活用しているのは、このような理由があるからなのです。

海外向け動画を制作するWEB動画.jpでは、アメリカ、中国、シンガポール、ヨーロッパなど海外向け動画をはじめ、インバウンドマーケティングのための動画も数多く制作しています。英語や中国語などの翻訳、各国へのローカライズ動画なども制作可能です。

動画 問い合わせ動画 問い合わせ
page top

  ■ WEB動画プロモーション・PR・CM
  ■ WEB動画会社紹介・商品紹介・インタビュー
  ■ WEB動画マニュアル作成
  ■ 海外向け・インバウンドWEB動画制作
  ■ WEBセミナー導入
  ■ 動画コンサルティング

  ■ 動画広告
  ■ DSP/SSP運用代行
  ■ 会員向け動画課金配信
  ■ 動画配信チャンネル導入
  ■YOUTUBE運用
  ■USTREAM配信代行