WEB動画広告 プログラマティック広告 True View広告


《YouTube True View 広告を行うメリット》

〜Youtube広告を活用する〜

YouTubeで動画を検索して試聴する方は多いと思いますが、その際に表示されている広告をご覧になったことがあるでしょうか。この広告は「TrueView広告」という広告で、YouTubeに配信できる動画広告になります。最近では、TrueView広告を希望するお客様が多いですが、この動画広告を作ることでどのようなメリットがあるのでしょうか。


» 視聴者の興味や関心にあわせて配信

TrueView広告は、YouTubeのアカウントに登録されている視聴者の動画再生履歴や性別、年齢、地域などの情報をもとに広告が表示されます。そのため、広告で紹介する商品のターゲットとなる視聴者を絞ることができます。広告費を抑えて効率よく宣伝したいという企業に最適な広告です。


» 視聴者が多い

世界中の人が利用しているYouTubeは、日本だけでも5000万人を超える視聴者がいます。テレビ番組の視聴率低下と若者のテレビ離れの影響を考えると、TrueView広告はテレビCMと同程度の人数に広告を見てもらえる可能性があります。多額の広告費を使ってテレビCMを製作しても、CMを流す番組の視聴率が悪ければ広告費が無駄になってしまいます。将来的には、TrueView広告のような動画広告がテレビCMの宣伝効果を上回るかもしれません。


» 新たな広告プラップフォームとの連携

インターネットを使用した広告で最も普及しているのは、サイトの一部に広告の画像を貼り付けるバナー広告です。低価格をアピールした広告や商品名を大きく掲載した広告など様々なバナー広告があり、最近では動画を利用したバナー広告も出ています。
また、TrueView広告は、DSP(Demand Side Platform)という新たな広告プラットフォームとの連携で、バナーの可能性を大きく拡げています。

WEB動画.jp では、TrueView広告やDSP/SSPなど運用型広告の運用代行サービスを行っています。TrueViewや運用型広告の料金やサービス内容について、お気軽にお問い合わせください。

動画 問い合わせ動画 問い合わせ
page top

  ■ WEB動画プロモーション・PR・CM
  ■ WEB動画会社紹介・商品紹介・インタビュー
  ■ WEB動画マニュアル作成
  ■ 海外向け・インバウンドWEB動画制作
  ■ WEBセミナー導入
  ■ 動画コンサルティング

  ■ 動画広告
  ■ DSP/SSP運用代行
  ■ 会員向け動画課金配信
  ■ 動画配信チャンネル導入
  ■YOUTUBE運用
  ■USTREAM配信代行