WEB動画 ロゴ インフォグラフィック
《企業における動画活用最大のメリット》

〜WEB動画制作+動画広告でより効果的なプロモーションへ〜

今では「動画」というワードで検索をかけると、様々な動画サイトにアクセスすることができます。娯楽として確固たる地位を築き上げているのが動画ですが、今では企業活動においても動画は幅広く活用されています。ここでは、企業における動画活用の最大のポイントについてご紹介致します。


新規顧客獲得やリピーター増加の手段として

当初、企業活動として動画が注目されたのは、優れた宣伝広告としての可能性を秘めていたからでした。そしてこれは予想以上に奏功し、今では多くの企業が活動の一環として動画を利用しています。商品の魅力を余すことなく伝えることができるので新規顧客の獲得に繋がるほか、リピーターの増加にも期待ができます。もちろん、商品紹介だけではなく、企業のイメージアップに繋がるプロモーションビデオとしても活用頂けます。
プロモーションを成功させ、継続的なストック収益化を図るためには、多くのユーザーが必要となります。そして多くのユーザーを獲得するためには、あらゆる手段を用いて注目を集めなければなりません。消費者の注目を引くには、優れた宣伝広告が必須となります。


ブランド訴求・商品・サービス訴求・プロモーション

WEB動画の広告的要素として、企業・商品のブランドイメージ訴求、コンセプトのイメージ化が可能です。Appleなどの企業にみられる動画の有効活用は広告手法の世界を大きく変革しました。日本の通信会社などCMとWEB広告の連動なども台頭しています。
さらにインフォグラフィックなど、サービス導入やマニュアルを数十秒の動画や映像でプレゼンテーションする手法は、自社サービスや商品内容の営業効果として動画ならではの成果を出しています。


ストック収益化の手段として

ネットビジネスの収益構造を紐解いてみると、会員課金や物販手数料、広告料収入など様々な形態があります。このような収入源を軸に運営を展開している企業も数多くございますが、有望と呼べる収益モデルはどれに当たるのでしょうか。
それはやはり「会員ビジネスで、且つ多くの会員を囲い、毎月会員から安定した収入が得られるモデル」が理想といえるのではないでしょうか。安定して収入が得られるようになれば、それを主軸にさらなるサービスを顧客の方々に発信することができます。一般的にフロービジネスよりもストックビジネスが望ましいとされているのは、これに起因します。インターネットを気軽に利用できる現代において、消費者の多くはインターネットから情報を集めます。あらゆる情報発信ツールの中でも、ズバ抜けて情報伝達能力が高い「動画」を用いるのは必然ではないでしょうか。


情報ノウハウの販売として

情報ノウハウを販売するにあたっては、商品の魅力だけではなく、販売している情報の信頼性や有用性を伝える必要があるほか、その根拠も明確に説明しなければなりません。
動画・映像は非常に情報伝達能力に優れているため、多くの情報を確実且つ分かりやすく相手に伝えることができます。
学習塾・e-ラーニングなど教材はもとより、国家資格や専門資格、さらに語学や経営ノウハウなど情報ノウハウを動画のアーカイブとしてチャンネル化し、会員向けに課金サービスを構築するなど、動画コンテンツは情報・ノウハウの販売チャネルとして有効なだけでなく、
自社のメディアの付加価値を高めよりリッチコンテンツとしてユーザーに提供することが可能です。

企業向け動画・映像制作を行うWEB動画.JPでは、ビジネス・マーケティングでのWEB動画の活用をご提案致します。
WEBでの広告活用を含めた「WEB動画制作」「WEB動画配信」「動画マーケティング戦略策定」などが可能です。
企業の動画マーケティング戦略・広告戦略から、自社のオウンドメディア構築までトータルサポートします。

動画 問い合わせ動画 問い合わせ
page top

  ■ WEB動画プロモーション・PR・CM
  ■ WEB動画会社紹介・商品紹介・インタビュー
  ■ WEB動画マニュアル作成
  ■ 海外向け・インバウンドWEB動画制作
  ■ WEBセミナー導入
  ■ 動画コンサルティング

  ■ 動画広告
  ■ DSP/SSP運用代行
  ■ 会員向け動画課金配信
  ■ 動画配信チャンネル導入
  ■YOUTUBE運用
  ■USTREAM配信代行